2020年6月7日日曜日

おしごとのおしらせ。

おしごとのおしらせ。
西東社様から6月5日ごろ発売の児童書
『頭がよくなる!寝る前ナゾとき366日』
で、本文のイラストをたくさん描かせていただきました。
全国の書店などで販売中です、
どうぞよろしくおねがいいたします。
https://www.seitosha.co.jp/book/isbn-9784791629220.html


印刷されたものを見ると、だいぶ線が太かったな〜と。ペンの種類や線の太さをもう少し調整する必要があるなと。あと無個性な感じで描きました。

---------------
えーとこのお仕事のほとんどをモスクワ滞在中に、ほぼフルiPadで済ませました

主な道具は
第3世代iPadPro(Wi-Fi)12インチ、250G。Apple Pencil。
使用ソフトは
Clip Studio、iCloud Drive、Dropbox、ZIP圧縮ソフト、各種ネットブラウザ。
その他ネット環境。iPhone。
です。


以前からネットがつながればどこにいても仕事できるよな〜と思っていて、
一番初めのチャレンジは2011年のイタリア滞在中にMacbookにコミック描画ソフトとフォトショ入れてワコムのミニペンタブで作業したのですが、作業に問題はないのだけど、今と比べるとまだまだPCが重かったので道具の持ち運びがしんどいし、外作業するにはまだまだだなという感じでした。

ワコムのでっかい液タブを手に入れるとますます外で作業する機会が減って、しばらくおとなしく家でこもって仕事していたのだけど、iPadでクリスタとペンが出ると、またいけるのとちがうか?と思い、しばらくして12インチのProが出るとちょうどいい塩梅な予感がしたので、今年の2月に買ったのですわ。んで、ちょうど2月から1ヶ月のモスクワ旅行を入れていたので、ちょうどいいテストができるぞと思って、出先での作業決行ですよ。

もうね、スイスイ描けるし家で作業しているのと変わらないですよ、これは。iPadは薄いから直接机や傾斜板において紙のように描けるため、腕が疲れないのも良いですね。当然立ち上がりも早いし。科学は日に日に進歩していますね。
海外滞在中はiPhoneに現地のSIMカードを入れているので、Wi-Fiが弱かったら共有するかと思っていたのだけど、モスクワの各ホテルや空港のネット環境が良く、その辺は問題なし。ネットがあればマジでなんでもできるなと改めて実感したわけですよ。

ただ、ほとんどの仕事の場合、最終的にCMYKやフォトショップとしてデータを用意しないといけないため、そのへんが現在のアプリでは不十分なようで、結局帰国してから、PCのフォトショップで変換する必要がありました。一応クリスタでCMYK表示やフォトショとして保存できるみたいだけど、まだまだ完全なデータとしては使えないし、2色データなどのチャンネル消しも不十分だなという感想。フォトショのアプリもあるけど、全然な感じだったから、フォトショップアプリもPCと変わらないものを出してくれると嬉しいなと。

あと、iPadのGmailからiCloudなどに保存したPDFなどのデータを直接送信するのは厳しいみたいで、Googleドライブに一旦保存して共有する形で原稿チェック〜みたいなことをしていたので、その辺が不便かな〜と。何か良いやり方ないですかね。

こんな感じ。

描画作業はダンチでiPadの方が描きやすいので、現在も全てのお仕事をiPadで描いています。いや、ほんと、いい道具を手に入れた。

定期的に家を空けて遠いところにいないとストレスがたまるタイプなので、今後も長期的にどこかに〜と思ったけど、コロナ騒ぎでしばらく無理そうね。トホホでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿