2018年12月17日月曜日

2018年5月イギリス旅行(下)。チェルシー・フラワー・ショーとコッツウォルズ





イギリス旅リンク
2018年5月イギリス旅行(上)。ロンドン観光

---------------------------------------------------------

 今回の旅行の軸としたのが、旅のメインイベントになる、"チェルシー・フラワー・ショー"。2018年の開催日は5月22日から26日まででした。

 ショーのチケットについて検索すると、日本語の情報がとても少なく、とくに高額なツアーがトップの方に出てしまうため、個人でチケットをとることに。

 チケットの取り方はとっても簡単。
こちらRSHのオフィシャルサイトへアクセスし、
https://www.rhs.org.uk/

 ショーのページをクリック。
するとたくさんの園芸イベントのバナーが現れるはずです。
そのなかの"Chelsea Flower Show”をクリックすると、イベント案内ページへ飛べます。
https://www.rhs.org.uk/shows-events/rhs-chelsea-flower-show

その中からチケット販売ページへ飛べる文字をクリックすると、販売ページへ。


それぞれ見に行きたい曜日から、入場したい時間帯、枚数などを選び、郵送かの選択、あとはクレジットカードや住所などを打ち込んで送信すればOKです。簡単!

 もし、英語に困ったら、ブラウザを”Googleクローム”にすると、自動的に日本語に翻訳してくれます。翻訳された状態でも申込みが可能ですので、とにかく便利です。
https://www.google.com/chrome/
住所の英語表記に困った場合は、こちらのサイトが確実です。
http://judress.tsukuenoue.com/


決済や予約確認メールが送られてきますが、Eチケットとして使えるPDF書類は開催一ヶ月以内にメールで送られてきます。
入場でバーコードをスキャンしてもらえばよいものなので、フライト前にプリントアウトして持って行きましょう。
スマホでバーコード画面を掲示して読み取ってもらうことも可能です。


 2018年12月現在、すでに2019年度(5/21-25)のチケットの販売が始まっています。私たちは4月上旬に申し込みましたが、すでに半日券はほぼ売り切れ。仕方なく1日券をとることになりましたが、平日のを取れたのでよしと。もちろん、休日に入るともっと混むようですから。
訪問希望の方は早めに取ることをお勧めします。

軽食付きのチケット、ホテル付きのチケット等、様々なオプションチケットもあります。必要でしたら検討してみてください。

---------------------------------------------------------

いよいよその日がやってきました。朝早く出発したのですが、会場最寄駅へ進む地下鉄の中は、これから向かうぞという雰囲気が感じられる花好きの乗客でいっぱいです。駅に降りるとホームからもうフラワーショウの看板だらけ。これはもう、そぞろ歩くマダムたちの後をついて行けば確実にたどり着くってもんですな。

トリップアドバイザーなどの口コミにも書いてある通り、駅からだいぶ歩きます。しかし、国をあげての大イベントです、入り口までのあちこちで様々な花の飾りなどを見ることができるので、それを忘れるくらい楽しめるでしょう。会場近くに止まるバスもありますので、最寄のホテルなどから一番便利な方法を調べてみてください。




門の奥にチケットを掲示するテントがあります。
そこをくぐると、広大な敷地内でこれでもかと押し寄せてくるような植物たちが出迎えてくれます!そして人も多い!たいへんだ!


日本人ガーデナー、石原和幸さんの作品。
ゴールドメダルを受賞されています。なんと今年で10個目!











屋内と室内の作品展示場、スポンサー企業の展示、花や園芸グッズの販売、もうすごい、盛りだくさんでした。カフェや屋台なども。花好きの方でしたら、間違いなく一日中楽しめるはずです。

トリップアドバイザーにもショーのページがあります。
ショーのあらまし、ルートや地図、周辺情報などのほか、
世界中からの感想コメントは旅の参考になるはずです。
写真を見るだけでも楽しめますので、ぜひアクセスしてみてください。
https://www.tripadvisor.jp/Attraction_Review-g186338-d10020593-Reviews-RHS_Chelsea_Flower_Show-London_England.html



----------------------------------------------------------------------


さてコッツウォルズ。

ロンドンから電車に乗って最寄駅に着いたらバスかタクシーに乗り換えればいける....ようですが、母は他の地域へも回ってみたかったようなので、この日だけツアーを頼むことにしました。
今回もベルトラを利用しました。
https://www.veltra.com/jp/europe/uk/ctg/2488:Cotswolds/
ロンドン発で、バイブリー、チッピングカムデンなどの村を回る日帰りツアーです。
あちこち見れてよかったことはよかったのですが、一つの村の滞在時間が短かすぎて、ひたすら忙しく、あまりゆっくりできないのは仕方ないかなと。今度来るときはのんびりできる計画を立てたいなと思います。


こういった庭付きの家は、新築でも億近くするそうで、庭を含めて古くて美しければ美しいほど莫大な価値のある財産になり、資産運営にも使われるそうです。つまり、お金持ちが多く住んでいる、ということに。伝統と古いものが好きなイギリスではこういったものもステータスになるのですね。田舎が見捨てられつつある日本とは逆の文化かと。


----------------------------------------------------------------------
今回のお土産



そして忘れてはいけない、イギリスはデザインの面でも優れた国であります。ちょっとした安いお土産ですらセンス良くできているのです。すごいですよ、割と目が厳しい(自称)私がどのミュージアムショップにいっても欲しいって思う商品があった国はここくらいですよ。

行った先で、個人的に特にこれは....!と思ったものは、テート・モダンで売っていたトートバッグ。
持ち手が皮、黒い布地は帆布でしょうか?とても丈夫で、底は正方形になっているので、たくさんの荷物が入ります。内側に財布などが入るファスナー付きのポケットも付いています。

それから、コッツウオルズのデザイナーショップ、サム・ウィルソンで買ったポーチとトートバッグ。
トートバッグ(写真オレンジの持ち手のバッグ)は軽いのにしっかりとした生地で、とても使いやすいです。
上記の写真に入れるのを忘れてしまったのですが、ポーチはB5の書類などがすっぽり入るくらいの中型。内側の生地は防水のしっかりした生地で、中綿(?)も入っていてしっかりしているため、アイパッドなどの機械類を入れるにも良さそうです。いつもバッグインバッグとして使っています。

ちなみにフォーナム&メイソンやハロッズなどの商品は日本の三分の一近くの値段で購入できます。この写真には写っていませんが、母が紅茶をたくさん購入していました。


ロンドンは歴史と近代文化の国でした。思っていた通り!
王族、歴史、音楽、文学、建築、乗物、園芸、映画....どれか一つでもロンドンに関連するものを持つものをしっていれば、何日でも楽しめる、そんなところだと思います。
とても小さな一つのキーワードでも、芋づる式に発見がある。深く親しみやすいところでした。

1 件のコメント:

  1. 初めまして、愛宕さくらと申します。
    「天使と悪魔 超絶図鑑」で平林さんのことを知りました。ユダヤ教やキリスト教だけでなく、イスラムや仏教の天使や悪魔の綺麗な絵柄のイラストが載っていて気に入っています^^これからも平林さんのご活躍を応援しています。
    イギリスに行かれたんですね。フラワー・ショーが美しくてすごいと思いました。

    また遊びに来たいと思います。良いお年をお過ごしくださいませ。^^

    返信削除